日本一美しいトランスジェンダー決定戦

MISS INTERNATIONAL QUEEN WORID EQUALITY 2020

2020_world_logo
2020_world_main_ph
2020年3月7日、ミスインターナショナルクイーン2020が、
タイ・パタヤ ティファニー劇場にて開催されました。

その大会で見事グランプリに輝いたのは
メキシコ出身のヴァレンティーナ・フルシェールさん。
日本代表の高橋りおさんは惜しくも入賞を逃してしまいました。
若干20歳で世界大会に挑んだ2020日本代表の高橋りおの今後の活躍を
ぜひ応援してください。
2020_world_rio_main_ph
日本代表

高橋りおさん

内面の変化がありました!
考えや心にゆとりがもて、自由になれた事です。

世界大会で日を追うごとに、自分の心がオープンになっていく実感がありました。
なんだか、日本で過ごしている時よりも自由に気楽に毎日を過ごす事ができました。

世界中の方々と生活をし、もっと自由に考え過ぎないで過ごしてもいいんだなと分かりました。

そのおかげで、表情にゆとりがでたり、ウォーキングでも腰でバランスが取れたり、ポジティブ思考になったりといいことばかりです!

私は小さい頃にDVを受けていたりいじめられていた経験があります。
そのような痛みで苦しんでいる方々の少しでも支えになっていきたいと思っております。
LGBTだからこそ、そこにあまりあまりとらわれ過ぎないように自分の世代や、これからの世代の子達が、世界で感じたようにナチュラルに社会に溶け込んでいけるようにしていきたいです。

今後の方向は
モデル、女優などの芸能活動を中心に活躍していきたいです。

PERFORMANCE

世界21カ国もの国が参加した、
ミスインターナショナルクイーン2020。
各国の代表が世界一のトランスジェンダーの座をかけて全力のパフォーマンスを披露しました。
ウォーキング、ドレス、水着など。
世界レベルの厳しい審査の中、
日本代表の高橋りおも堂々と美しく、
彼女らしいパフォーマンスを披露してくれました。
2020_world_rio_sub_ph_01

LESSON

大会当日を迎えるにあたり参加者たちは
最高のパフォーマンスを観衆の前で披露できるよう
「ビューティーキャンプ」というトレーニング期間を経て舞台に上がります。

厳しいトレーニングの中でも世界中の
同じ境遇の参加者たちとの交流は彼女にとっても
とても貴重な経験になったのではないでしょうか。
2020_world_rio_lesson_ph_01
2020_world_rio_lesson_ph_02
2020_world_rio_lesson_ph_03