ミス・インターナショナルクイーンとは

about_ph_01
about_ph_02
about_ph_03
about_ph_04
タイ王国パタヤ市にある「ティファニー劇場」が主催する世界最大規模のトランスジェンダーによるビューティーコンテストの世界大会です。
タイでは、毎年同日ディレイ放送されその視聴率は40%を超えるコンテンツになっています。
ai_haruna_ph_02

タイのニューハーフショーの総本山「ティファニーズ・ショー(TIFFANY’S SHOW)」が主催するニューハーフ世界一決定戦「ミス・インターナショナルクイーン」。

その2009年度版、「 ミス・インターナショナルクイーン 2009(Miss International Queen 2009)」のコンテスト15カ国(英、米、スペイン、日本、フィリピン、シンガポール、マレーシア、ドイツ、ネパールなど)から応募があり、予選を通過した25人からグランプリという栄誉に はるな愛 が輝いた事で、一躍話題になり、大会が有名になりました。

同イベントは、世界一を決定する場でもあるのですが、それ以外にも「ミス・イブニングガウン」、「ミス・ナショナルコスチューム」、「ベスト・タレント」などさまざまな賞が設定されており、それぞれに賞金や副賞が設定されています。

ベストタレント賞との2冠を達成された今大会アンバサダーの はるな愛 はその後も審査員として毎年、活躍を継続しています。

ai_haruna_ph_03
【世界大会の歴代日本人出場者】
  • 2004年の第1回大会から、2019年の第14回大会まで日本人ニューハーフは 世界大会に出場しています。
  • 2004年大会(第1回大会) 榊不二子、不動美樹、山崎つかさ、Tomo
  • 2005年大会(第2回大会) 丸山かのん、山崎つかさ
  • 2006年大会(第3回大会) 朝川ひかる
  • 2007年大会(第4回大会) 月島紅、はるな愛、Shima Shyna(日本国籍を持つフィリピン人と日本人のハーフ)
  • 2009年大会(第5回大会) 冴島柚姫、月島紅、はるな愛
  • 2010年大会(第6回大会) たけうち亜美、Baby Shima Shyna
  • 2011年大会(第7回大会) 藤川花梨
  • 2012年大会(第8回大会) 月島紅、橘優希
  • 2013年大会(第9回大会) 藤ノ宮せり、アナベル結羽、西原さつき
  • 2014年大会(第10回大会) アナベル結羽、如月リリア
  • 2015年大会(第11回大会) 水野涼、櫻木そら、西原さつき
  • 2016年大会(第12回大会) 國咲舞花、鈴木ゆま
  • 2018年大会(第13回大会) ゆうこ
  • 2019年大会(第14回大会) van

「トランスジェンダー」という言葉を
ご存知ですか?

トランスジェンダーとは「性別不適合者」つまり心と体の性別が一致しない人のことを言います。

2018年現在、日本国内でのトランスジェンダーの数は人口の100人に1人と言われています。

その世界中のトランスジェンダーたちにとっての夢の舞台こそ「ミスインターナショナルクイーン」なのです。

tragen_ph_bw

お問い合わせ

【お問い合わせ窓口】

〒150-0036 東京都渋谷区南平台町12-11-4F
株式会社サンライズジャパン内
MIQジャパン実行委員会
E-mail miqjapan@sunrisejapan.com
MIQ LOGO